メンズ

カードローンの特徴と仕組みを知り自分に合った方法で申し込もう

利用者の立場に立った内容

住宅

不動産担保ローンとは自身の所有する家や土地なの不動産を担保としてお金を借りることのできるシステムです。不動産担保ローンで契約すると他と比べ低金利でお金が借りれて返済期間も長いので計画的に返済することができるのです。

Read More

契約基準と内容

貯金箱

最近では収入のない専業主婦でも金融機関でカードローンを申し込めるところが多くなっています。契約できる機関はタイプによって異なります。配偶者の承諾の有無でも変わってきますし、少しでも収入がある人はどこでも可能になります。

Read More

種類とそれぞれのメリット

クレジット

金融機関からお金を借りて後に少しずつ返済していくことのできるのがカードローンです。カードローンといっても様々な種類があり、それぞれ利用するうえでのメリットや特徴などが違ってきますのでどの種類のカードローンを申し込むかは自身の目的や状況に合ったところを選ぶことをおすすめします。事前にカードローンの基礎知識を学ぶことで不安を解消し、正しいカードローンの使い方をしていけるといえます。このカードローンにはどのような種類があるのでしょうか。カードローンの種類には大きく分けて3つの種類があるといえます。カードローンを申し込むときはこの三つの種類の特徴をしっかり理解して手続きに入るとよいです。

一つ目は、銀行系のカードローンです。銀行系のカードローンは通常の銀行で申し込むことができ、収入がない主婦などでも契約することが可能な一番一般的なカードローンの種類です。銀行系のカードローンのメリットは、何といっても金利が低めになっているという点です。銀行によって設定されている金利は異なりますが、他の金融機関でのローンよりも比較的低めな金利設定になります。そのため業者側の負担も少なく、契約がしやすい内容になっています。また普段その銀行の口座から給与や公共料金などを行っているとさらに優遇された金利設定で申し込みをすることが可能になるのです。銀行系のカードローンだと借入限度がありませんので、高額なローンを組むこともできます。低金利で高額な金額を借入することのできる銀行系カードローンは大変便利であるといえます。二つ目は消費者金融系のカードローンです。消費者金融と聞くと危険なイメージを抱く人もいるでしょう。しかし、正しい方法で利用することでメリットも生まれてくるのです。消費者金融機関を利用したカードローンだと、審査の基準が低いということが利点なのです。収入の少ないアルバイトやパートの主婦でもお金を借りることができ、手軽さと素早さでは一番といっていい方法となります。今すぐお金が必要な人には大変最適な種類なのです。そのほか三つ目の方法は、流通・信販系のカードローンというのがあります。これはクレジットカードなどの発行を行っている信販系会社で契約が可能なカードローンのことです。こちらの方法も銀行で行うのと比べると審査基準は低いと言われています。カードローンにはこのように様々な種類が存在するのです。